骨折とは?

骨折とは転倒したりぶつけたりした時に骨の連絡が一部又は全部断たれたものです。

よく「ヒビが入ってるだけだから骨折じゃない」と言ってる方がいますが、「ヒビ」とは骨の一部が断たれた状態ですので立派な骨折です。

患部の腫れ・痛み・熱感は著明です。

 

骨折での接骨院への掛かり方

その1:完全に骨折していると思ったら直接病院へ行きレントゲン検査、整復、固定等処置をしてもらいましょう。その後担当医に行きつけの接骨院で施術する(したい)旨を伝えて、担当医の同意をもらって下さい。

接骨院で施術をしていても、病院に診察・レントゲン検査へ行く事は可能です。

病院の医師の指示がある場合は従って下さい。

その2:捻挫か骨折か分からない。どこで診てもらったら良いか分からない。そんな時は当院へお越し下さい。明らかに骨折している場合、変形している場合は応急処置をします。整復(骨を元の位置へ戻す)し固定します。少しでも骨折の疑いがある場合でも応急処置をします。その後当院と提携している病院にて診察・レントゲン検査をしてもらいます。医師の同意のもと当院にて通院加療が出来ます。

 

よくある骨折例

①突き指:ボールを使うスポーツでよく起こります。ほっとくと指が変形したままになったり、腫れがなかなかひかない場合があります。骨折が無くても腱が切れて指先が変形したままになる事もあります。

②手首:転んで手をついた時に起こりやすいです。

③鎖骨:ラグビーやアメフト等のコンタクトスポーツや転んだ時に起こりやすいです。

④腰椎: 尻もちをついた時によく起こります。

⑤股関節(大腿骨頚部):転んだ時、高齢者(特に女性)に多く起こります。寝たきりになったり、手術(人口骨頭置換術)の対象になる事が多いです。

⑥足首:足首の捻挫がひどい場合は骨折を伴う場合があります。特に外くるぶしに起こります。

⑦第5中足骨:下駄やハイヒールを履いていて足首を挫いた時に起こります。「下駄骨折」ともいわれます。

⑧足指:タンスや壁にぶつけたりスポーツで足指を踏まれたりして起こります。

骨折
右第5中足骨々折 サッカー試合中足首を捻った際負傷
左第2中足骨々折(受傷2日目) 路上歩行中転倒した際足首を捻り負傷
左第2中足骨々折(受傷2日目) 路上歩行中転倒した際足首を捻り負傷
左第2中足骨々折 上記のレントゲン写真
左第2中足骨々折 上記のレントゲン写真
左前腕骨々折(橈骨下端部/コーレス骨折)整復前 滑って転倒した際手をつき負傷
左前腕骨々折(橈骨下端部/コーレス骨折)整復前 滑って転倒した際手をつき負傷
左前腕骨々折(橈骨下端部/コーレス骨折) 上記のレントゲン写真 整復したが再転位した為その後手術となった
左前腕骨々折(橈骨下端部/コーレス骨折) 上記のレントゲン写真 整復したが再転位した為その後手術となった
右上腕骨々頭下骨折(受傷2日目) 転倒した際手をつき負傷
右上腕骨々頭下骨折(受傷2日目) 転倒した際手をつき負傷
右上腕骨々頭下骨折 上記のレントゲン写真
右上腕骨々頭下骨折 上記のレントゲン写真
右上腕骨々頭下骨折(受傷8日目)
右上腕骨々頭下骨折(受傷8日目)
左第2・3指粉砕骨折(手術有り)第4指骨折
左第2・3指粉砕骨折(手術有り)第4指骨折
左第2・3指粉砕骨折(手術有り)第4指骨折
左第2・3指粉砕骨折(手術有り)第4指骨折